note:Words in the World

言葉 思考の断片 伝えたい、言葉
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

0
     胸の中にいつも燻ってる。

     忘れたはずの想い、

     言えなかったことば。


     また会えるなら、

     いっそ消してしまえるのに。
    君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    曇り空

    0
       どんよりと曇った空はそれだけで気分を滅入らせる。
       ふと隣を見れば、やっぱり何やら物思いに沈んだような表情の君がいて、
       ちぇ、救われない、なんて思ってみる。

       それでも肩を抱き寄せると意外なほどに素直に頭を預けられて、
       ああ、何だ、と少し笑う。

       君も、ちょっとばかり沈んだ気分で、だからちょっと甘えたかったのだ、と。

       もう一度、曇った空を見上げて、
       なるほど季節が変わったらしい、と
       柔らかな髪に頬を寄せてみた。
      君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      人魚

      0
         夜は好き
         闇は好き

         穏やかな
         深い水底で
         満月の光に照らされたい

         ゆらゆら揺れる光芒に包まれて
         君への想い抱きしめる
        君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

        恋 02

        0
           なくした恋のカケラを
           あなたはまだ胸の中に抱き続けて
           思い出しては傷つき直してる
           馬鹿な話さ

          続きを読む >>
          君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          想い

          0
             どこにいてもあなたを想う。

             何を見ても、何を聞いても、あなたと似ても似つかないすべてのものが、
             だからこそあなたを思い出させる。
             もちろん、あなたに似たものなら尚更
             よりいっそう恋しくて、会いたくて、この距離を飛び越えたくなる。

             ――たとえ、心だけでも。

            続きを読む >>
            君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

            よる

            0
               受話器越しのはかなげな声は
               降り出した雨が屋根打つ音にかき消されてしまう
               面影さえも遠く

               遠く低く流れるような囁きは
               窓の外過ぎていく夜の気配のように
               穏やかに忍び寄って心を奪う
              君を想う | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

              ロマンティック

              0
                ねえ、あなたが望むなら、あの空の星だってとってあげるよ、

                なんて昔懐かしい感じのロマンティックな台詞なんか吐けやしないけど、
                まあ、ぶっちゃけそれくらいの心意気で。

                続きを読む >>
                君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                オンリー・ユー

                0
                   『大好き』って言葉をあんた以外の口から聞いたってそれは無意味
                   分かっているくせに絶対言ってはくれない意地悪な人
                   承知していながらそれを求める馬鹿なあたし
                   欲しい人から貰えないからそれをくれる別の誰かに流される

                  続きを読む >>
                  君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                  Memory

                  0
                     愛ならいらない

                     いつか壊れてしまうから

                     色褪せない

                     思い出だけを下さい
                    君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                    禁忌

                    0
                       その恋は
                       禁忌と知りながら紡がれた
                       細く儚い糸のようで、
                       涙を流すたび
                       途切れそうになる
                       時折
                       胸に刺さる
                       見えない針

                       射抜かれて
                       穿たれて
                       身動きが取れなくなる
                       甘い毒
                      君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -