note:Words in the World

言葉 思考の断片 伝えたい、言葉
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12月の雨 | main | 4月の雨 >>

冬・雨の夜

0
    夜の雨に濡れた肌
    裸の樹の延ばした腕は
    街灯のつくる陰影
    夜の影をそこに集めて
    頼りない光を映して落ちる滴
    空にも街にも溶け込まないシルエット
    雨音も吸い込むような幹の匂いが
    湿った空気の中に流れて
    この部屋へ
    夜を伝える

    晴れた夜に聳えるよりも
    雨を受けて立ち尽くす
    その裸の樹は
    熱を秘め
    滴光る腕に夜を抱き
    孤高の中にすべてを包む

    大きくはない
    強さを秘めたしなやかな
    その背と幹は
    熱を秘め
    すべてを抱く
    夜の匂い
    この部屋へ
    遠いあなたへ
    あなたへ
    君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://note.honeybee.pepper.jp/trackback/735174
    この記事に対するトラックバック