note:Words in the World

言葉 思考の断片 伝えたい、言葉
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダンス | main | 羊雲 >>

夜明け前

0
     闇はいまだ西の空にあり 
     二人の間には夜が青く沈んでいた 
     静寂に圧しつぶされそうになりながら 
     見上げた空は群青
     爪の先でひっかいたように月は白く 
     やがて来る朝の光に溶けてしまいそう 
     そうして二人見つめ合ったまま 
     触れ合う指先を繋ぎもせず 
     といって離れようともせず 
     その吐息一つ聞き洩らさぬように 
     瞳に残る星がこぼれぬように 
     二人 
     声を殺して呟いた言葉は 
     
     さよなら 
     
     東の空から白く滲み出したら 
     消えていく夢のように 
     光に追われて流れ行く星 
     紅に染まる雲一切れ 
     見上げた空は今や蒼青 

     微かに動いた唇 
     乾いた感触 
     肌をかすめて 
     振り向きもせず 
     光の中に溶けていく君 
     取り残されて私は 
     一人 
     静寂に圧しつぶされて 
     肩を震わせる
    | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://note.honeybee.pepper.jp/trackback/679669
    この記事に対するトラックバック