note:Words in the World

言葉 思考の断片 伝えたい、言葉
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 愛 | main | kiss >>

残り火

0
     さよならを告げた日のことも
     あなたの腕の温もりも

     声も
     顔も
     まなざしも
     何もかもが遠くにかすんで
     もう見えなくなっているほどなのに

     それでも地平に揺らめく影のように
     立ち上る蜃気楼のように

     あなたと過ごした日々の
     ささやかな記憶だけがまだ
     心を捉えて離さない

     名前さえ
     指先さえ
     もう思い出せないのに

     煙草のにおい
     溜め息の吐き方
     歩き方

     そんなささやかなものが
     不意に立ちあらわれて私を立ち止まらせる

     失ったものを嘆くのではなく
     失ったことを悔やむのでもなく

     囁くように名を呼ばれた夜も
     あなたの胸の高鳴りも

     もらったものと同じだけ返せないことが
     ただ、悲しかった

     さよならを告げた日も
     離れていく腕の温もりも

     もう何も感じなかったことが
     ただ、悲しかった
    君を想う | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://note.honeybee.pepper.jp/trackback/429732
    この記事に対するトラックバック